墓石の知識・特徴を知ることにより、後悔しない墓石選びとご供養ができます。
大切なお墓のこと。購入前からしっかりと知識を身につけてから、実際に足を運ばれてください。

小松石(本小松石)

真鶴産墓石 本小松(青目)の画像国産墓石 本小松石(赤目)の画像

本小松石(小松石)

産地:日本(神奈川県足柄下郡真鶴町)
現在ある石材の中で最も古い歴史を持つ。
箱根火山の噴火で溶岩が海に押し出され急速に固まってできた安山岩。
ここでしか採れないので、希少性が高い。
皇居のお堀にも使われるなど、宮内庁御用達の石材で、関東産の代表的な高級墓石材として、根強い人気を誇る。

本小松石は、皇居以前、江戸城が建てられた際に石垣として採用され、今なお堅固な姿を保っていることからも、耐久性の高さがうかがえる。
また、きめが細かく見た目が美しいのと同時に、加工のしやすさから様々な加工が施しやすく、本小松石の人気を支える理由の一つとなっている。

源頼朝の墓や、北条氏一族の墓、また大正天皇・昭和天皇のお墓もこの石で造られている。
東の本小松石、西の庵治石と言われるほど有名で、値段も高い。
石質:安山岩でありながら硬く、耐久性、耐火性に優れている。
   吸水率は高いが、加工しやすい。
色合い:気品のある淡灰緑色の色調。
    わずかに緑がかった灰色が最上級とされている。
    大きく分けて青、グレー、赤の3種類ある。
    時間の経過とともに色合いが変化する特徴を持つ。
特徴:本磨き加工をすることで独特の模様と緑色の石面になるが、切り出した状態では表面が赤褐色をしている。
   玉石であるので石目、色合わせが困難。
   斑や流れが多い、磨いて艶を出すのが難しいなど、品質管理が難しい。
用途:産出量は割りと多いため、昔から墓石、建築材、庭石、モニュメント工芸製品など幅広く使われている。

■価格や工期などについてのお問い合わせは下記へ
【東京・神奈川・埼玉南部で建墓・お墓リフォームをご検討の方限定ダイヤル】
フリーダイヤル 0120−62−3310


>>神奈川県産の墓石
>>日本産(国産)の墓石
>>グリーン系の墓石

コンテンツ
日本産(国産)の墓石
福島県産の墓石
茨城県産の墓石
岩手県産の墓石
宮城県産の墓石
新潟県産の墓石
栃木県産の墓石
神奈川県産の墓石
山梨県産の墓石
岐阜県産の墓石
長野県産の墓石
愛知県産の墓石
滋賀県産の墓石
兵庫県産の墓石
鳥取県産の墓石
島根県産の墓石
岡山県産の墓石
広島県産の墓石
山口県産の墓石
香川県産の墓石
愛媛県産の墓石
佐賀県産の墓石
福岡県産の墓石
中国産の墓石
インド産の墓石
韓国産の墓石
アメリカ産の墓石
南アフリカ産の墓石
フィンランド産の墓石
スウェーデン産の墓石
ウルグアイ産の墓石
フランス産の墓石
ポルトガル産の墓石
イタリア産の墓石
ノルウェー産の墓石
黒色系墓石
グレー系墓石
白色系墓石
赤色系・ピンク系墓石
グリーン系墓石
青色系墓石
マーブル系墓石